コンビニ決済は導入するべき?メリットや利用方法について

目次

日本はクレジットカードの利用普及率がまだ非常に低い国として知られております。したがって加盟店はオンラインストアで提供する代替の支払い方法を探さなければなりません。この記事では、日本で最も人気のある代替支払い方法の一つであるコンビニエンスストア支払いについて説明します。

コンビニ決済とは 

全国47都道府県に4万店以上のコンビニエンスストアがあり、クレジットカードに次ぐお支払い方法です。コンビニエンスストアは24時間年中無休でご利用いただけますので、お客様の都合の良い時間に簡単にお支払いいただけます。また、代引き支払いとは異なり、ご自宅でお支払いするために待たされることはありません。

コンビニ支払いのメリット

簡単に言えば、コンビニエンスストアの支払いを導入することで、加盟店はクレジットカードを使用できない顧客と使用したくない顧客の2つの主要な顧客グループをターゲットにすることができます。

1番目のグループは、クレジットカードの使用を避けている、技術に精通していない高齢者が中心で、一方は、2番目のグループはまだ銀行口座を持っていない若い世代が中心です。コンビニ支払いの導入は、クレジットカードを使用できない顧客に安全で便利な支払い方法を提供することにより、顧客層を拡大するのに役立ちます。

その上、日本の多くの顧客はウェブサイト上でクレジットカード情報を入力することをためらうため、代替の支払い方法がない場合、ショッピングカートを放棄することがよくあります。 クレジットカードに次ぐ人気のある支払い方法を追加すると、カゴ落ち率を大幅に減らすことができます。

KOMOJUのコンビニ支払いの使用方法

他のペイメントゲートウェイとは異なり、KOMOJUには初期費用や月額料金はありません。代わりに、すべての購入に2.75%の取引手数料がかかります。売上は週次振込または月次振込で支払われます。支払サイクルの最後に、取引手数料なしの売上が銀行口座に振り込まれます。なお、コンビニエンスストアの取引手数料は190円で、お客様のご負担となります。

コンビニ支払いをもっと効果的にするために

 

  • オンラインストアがコンビニ支払いをサポートしていることを顧客に明確にしましょう。主要なコンビニエンスストアのロゴを、サポートされているクレジットカードのブランドやその他の支払い方法とともに、支払いセクションまたはWebサイトのフッターに表示することで、お客様の購入決定が容易になります。
  • 顧客の取引手数料を明確に表示しましょう。チェックアウトの最後に取引手数料が表示されることは、顧客にとって驚くべきことではありません。顧客の不満やカートの放棄を避けるために、支払い選択画面に料金を含めてください。
  • KOMOJUの返金ポリシーにご注意ください。返金の場合、KOMOJUは銀行振込で返金金額をお客様に送金します。加盟店には、1回の送金につき1,500円の手数料がかかります。返金金額は、加盟店への次回の販売支払いから差し引かれ、取引手数料は払い戻されません。

コンビニ支払いは、引き続き日本最大の支払い方法の1つです。モバイル決済と一緒に追加すると、顧客層が大幅に増加し、競合他社から際立つようになります。

Payment methods

All Payment Methods

日本の主要な決済方法を全て提供しています

韓国の主要な決済方法を全て提供しています

中国の3つの主要な決済方法を提供しています

ヨロッパーの主要な決済方法を提供しています