ECサイトでコンビニ決済を導入

Shopify Plusとは?料金や通常プランとの違いを解説

目次

この記事はKOMOJUが提供しています。
主要なオンライン決済方法に対応している決済代行サービスです。

ネットショップの運営に便利な「Shopify」は、海外だけでなく、国内でも利用する企業が増加しています。一般向けの通常のプランに加え、エンタープライズ向けの「Shopify Plus」も用意されていますが、具体的にどのような点が異なるのでしょうか。

今回の記事では、どちらのプランを利用するか迷われている方に、Shopifyの通常プランと、Shopify Plusの違いを解説します。さらに、本記事の最後には、Shopify Plusをおすすめする方の特徴をまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

Shopify Plusとは?

Shopify Plusとは?

Shopify Plusとは、法人企業向けに用意されたShopifyの上位プランのことです。一般向けに、「ベーシック」、「スタンダード」、「プレミアム」の3つのプランがありますが、大企業や取引量が多いユーザーに対して、最上位プランの「Shopify Plus」を提供しています。

通常のプランよりも機能性に優れているほか、各ECショップに応じて、自由にカスタマイズしやすいのが特徴です。利用料金は高く設定されていますが、ECサイトの売上アップに活用できます。

Shopify Plusのメリット

Shopify Plusのメリット

通常のShopifyと異なり、Shopify Plusにはどのようなメリットがあるのでしょうか。Shopifyから切り替える予定の方や、Shopify Plusが気になるという方は、メリットを確認してみましょう。

拡張機能によるEC運用の効率化

Shopify Plusには、独自の拡張機能を備えています。以下の拡張機能を利用することで、ECサイトの運営を効率化できます。

  • プロモーション設定の自動化

 

Shopify Plusを利用することで、複合条件でのディスカウントやプロモーションを行えます。たとえば、「項目スクリプト」では、ユーザーが1つ購入すると1つ無料、2つ購入すると20%割引になるようなコードで、自動的にプロモーションを設定できます。各ユーザーに対して、手動でクーポンコードを発行する必要がありません。

ほかにも、サブスクリプションユーザーの送料を無料にする「配送スクリプト」や、決済サービスの名前の変更や非表示設定などの「決済スクリプト」を備えています。

  • キャンペーンの自動化

 

キャンペーンの自動化は、ECサイトのセールや、新商品リリースといったイベントのスケジュールを設定する機能です。Shopify Plusでしか利用できない「Launchpad」を使用し、あらかじめイベントのスケジュールを設定できます。時差がある国でのECサイト運営や、キャンペーンイベントを予定通り開催する際に便利です。

  • 事業者やサプライヤーへの通知

 

「Shopify Flow」と呼ばれており、設定した条件を満たしたときに、サプライヤーやECサイトの事業者に対して通知を行う機能です。具体的には、在庫商品数が5個以下になったときや、複数回購入しているユーザーにクーポンを配信するときなどに、自動で通知をしてくれます。

  • 既存システムからのデータ移行

 

既存システムからShopify Plusに切り替える際に、顧客情報や商品・注文データなどを自動で移行できます。また、データ移行の状況を可視化し、エラーの特定も簡単に行えます。

  • ストア移行の通知

 

ほかのECサイトから、ShopifyのECサイトに移行すると、既存のユーザーに対して「ストア移行の通知」を自動で行なえます。細かいセグメントの設定も可能で、顧客に合わせながらカスタマイズできます。

  • BtoBストアの開設

 

Shopify Plusでは、法人事業者向けに販売するBtoBストアを開設できます。また、現在取り扱っている商品を顧客ごとに別価格で表示したり、顧客からの問い合わせを自動化したりするなど、自由度の高い運営が可能です。

処理スピードの向上

Shopify Plus向けに、強固なサーバーを用意しています。1分間に10,000件以上の注文を処理できるほどの性能を備えており、人気商品販売時のサーバークラッシュを防げます。実際に、有名アーティストや人気俳優などのECサイトは、Shopify Plusが活用されています。

充実したサポート体制

Shopify Plusには、専任のスタッフから直接サポートを受けることができます。また、ECサイトを構築する際にも、Shopifyのエンジニアと相談できるほか、ECサイト構築後にアカウントマネージャーから売上アップの改善を受けることも可能です。ECサイト構築だけでなく、ECサイト構築後のサポートまで行い、ECサイトの質を高められます。

Shopify Plusのデメリット

クラウド会計ソフトを導入するデメリット

多くのメリットがあるShopify Plusですが、デメリットにも注意する必要があります。Shopify Plus利用時にデメリットになりやすい点を紹介します。

月額利用料が高額

Shopify Plusは、通常のShopifyのプランよりも、月額利用料が高額に設定されています。通常プランだと、ベーシックプランは月額29ドル(約3,000円)、スタンダードプランは79ドル(約8,000円)、プレミアムプランは299ドル(約3万円)ですが、Shopify Plusは月額2,000ドル(約20万円)です。

もちろん、Shopify Plusの方が、機能的に充実していますが、ECサイトの運営で元を取れるほどの売上を達成する必要があります。大企業や、すでにECサイトで成功している方以外だと、月額利用料が大きな負担となります。

機能を活用しきれない可能性がある

また、Shopify Plusは、通常のプランより機能が多い一方で、十分に使いこなせない可能性もあります。すでに解説した自動化・効率化機能に加え、後述するさまざまな機能を揃えていますが、すべてのECサイト運営者に活用できるとは限りません。まずは、Shopify Plusの機能を確認し、自社のECサイトに必要かどうかを考慮した上で、利用するようにしましょう。

Shopify Plusの料金

Shopify Plusと通常の3つのプランの価格を比較します。月額利用料は、通常プランだと最大約3万円ですが、Shopify Plusは約20万円ほどの利用料を支払わなければなりません。

一方で、クレジットカード利用時の手数料は、国内発行カードだと3.15%、海外発行カードでも3.75%と、国内・海外いずれの場合でも最安値です。Shopify paymentを利用した際の手数料は0円、利用しない場合の手数料は0.15%で、通常プランよりも手数料が安く抑えられています。

 

Shopify Plus

ベーシックプラン

スタンダードプラン

プレミアムプラン

月額利用料

2,000ドル(約20万円)

29ドル(約3,000円)

79ドル(約8,000円)

299ドル(約3万円)

クレジットカード手数料

国内発行カード:要問合せ

海外発行カード:要問合せ

国内発行カード:3.4%

海外発行カード:3.9%

国内発行カード:3.3%

海外発行カード:3.95%

国内発行カード:3.25%

海外発行カード:3.75%

Shopify payment

利用時の取引手数料

0円

0円

0円

0円

Shopify payment

不使用時の追加手数料

0.15%

2.0%

1.0%

0.5%

Shopify Plusで利用できる機能

Shopify Plusで利用できる機能

Shopify Plusには、メリットでも解説した効率化・自動化機能に加え、Shopify Plusにしか備えていない機能を利用することができます。ECサイトの運営をスムーズに行うためにも、どのような機能を利用できるのか確認しておきましょう。

EC業務の自動化

EC業務を効率化・自動化するために、以下の機能が利用できます。各機能の詳細は、メリットの「拡張機能によるEC運用の効率化」の項目で確認してみてください。

  • プロモーション設定の自動化
  • キャンペーンの自動化
  • 既存システムからのデータ移行
  • 事業者への通知
  • ストア移行の通知
  • BtoBストアの開設

最大10ストアの追加

Shopify Plusに登録すると、Shopify Plus仕様のECサイトを最大10ストアまで利用できます。通常、追加料金が発生しますが、Shopify Plusでは無料での追加が可能です。複数のストアを追加することで、日本国内ユーザー向けのストア、海外各地域向けのストア、カテゴリ別のストアなどに分け、運営者側だけでなく、ユーザーにとっても利便性を高められます。

チェックアウトのカスタマイズ

Shopify Plusは、チェックアウトページのカスタマイズも行えます。具体的には、チェックアウトページの画像や入力フォームのバリエーション追加、決済方法の追加、配送先の国で輸入が禁止されている商品の除外など、運営者側での手間を省けるのが特徴です。

Googleタグマネージャーの利用

Googleタグマネージャーとは、Googleが提供するツールと連携し、一括で管理できる機能です。通常のWEBサイト同様にユーザーの集客力を高めるためには、「Google Analytics」や、「Google広告」といったツールが必要です。そこで、Shopifyで、Googleのツールを一元管理し、利用しやすい状態を維持できます。

複数通貨の対応

複数の国でECサイトを展開する運営者向けに、Shopify Plusでは現地価格にも対応しています。たとえば、日本円で登録している商品を海外で販売する際に、海外ユーザーの位置情報を認識したうえで、現地価格に変換できます。通常プランでも複数通貨に対応していますが、Shopify Plusを利用すると、国ごとに価格を決められるほか、価格調整も自動で行えます。

Shopify Plusの活用事例

充実した機能を備えているShopify Plusは、大手ECサイトを中心に取り入れられています。実際に、どのように利用されているのかを参考にするためにも、Shopify Plusの活用事例を紹介します。

事例1:化粧品ECサイト

海外での人気が高い化粧品を取り扱う企業は、Shopify Plusを活用し、柔軟性の高いECサイトの構築を実現しています。これまでのECサイトでは、自由度が制限されていたことから、自社商品のコンセプトを最大限引き出せない点が課題でした。

一方で、Shopify Plusは、拡張性に優れているほか、通常のECサイトにはない機能を備えており、理想とするECサイトを構築できます。SNSやYouTubeへの誘導にも成功し、売上アップを実現した事例です。

事例2:アパレルECサイト

2つ目の事例は、アパレル商品のECサイトを運営する企業です。Shopify Plusを利用する以前から、高い売上を達成している一方で、膨大なアクセス数に耐えきれず、損失を生み出していました。

Shopify Plusは、膨大なアクセスがあった場合でも、サーバークラッシュを回避し、安定的な運営を行えます。既存ECサイトから、Shopify Plusに移行した結果、これまでに発生していた機会損失の防止や、経費の削減に成功しています。

事例3:実店舗からのECサイト移行

新型コロナウイルスによる実店舗への影響を受けて、ECサイトを立ち上げる企業も増加しています。たとえば、小売業の企業では、すべての店舗を一時的に閉店せざるを得ない状況となり、Shopify Plusを使い、ネットショッピングに移行しました。

Shopify Plusは、90日程度でECサイトを構築できるため、実店舗からの切り替えもスムーズに行なえます。ECサイトと配送システムと統合することで、早期の売上回復に成功しました。

Shopify Plusがおすすめな運営者とは

Shopify Plusがおすすめな運営者とは

Shopify Plusは、通常プランよりも月額利用料が高額であることから、すべてのECサイト運営者が満足して使えるとは限りません。Shopify Plusを導入するか迷われている運営者向けに、あらかじめ確認しておきたいポイントを紹介します。

ポイント1:複数のECサイトを持っている

複数のECサイトを運営している場合、Shopify Plusの導入をおすすめします。Shopify Plusでは、最大10ストアのECサイトを同時に運営できるため、国内向け、海外向け、商品ごとにストアを分ける際に便利です。利用料金は高額になりますが、一括での管理も可能となることから、ECサイト運営の効率化にもつながります。

ポイント2:ECサイト内の取引量が多い

Shopify Plusは、通常のプランよりも決済手数料が低いのが特徴です。つまり、ECサイトでの取引量が多ければ多いほど、手数料の負担を軽減できます。また、Shopify Plus向けに強固なサーバーを採用しており、新商品の発売や、一時的にアクセス数が増加した場合にも、サーバークラッシュせずに運営を続けられます。

ポイント3:カスタマイズ性能を重視している

自社のコンセプトや商品の特徴を表現する際にも、Shopify Plusはおすすめです。一般的に、自社で一からECサイトを構築すると、サーバー料金、デザイン料金、ECサイトのランニングコストなど、さまざまなコストが発生します。

一方で、Shopify Plusは、機能性・拡張性ともに優れているため、自由度の高いECサイトを構築できます。また、Shopify Plusだけで完結することから、別途ツールを準備する必要もなく、コストの削減にもつながります。

まとめ

Shopify Plusは、通常のプランよりも高額な点に注意が必要ですが、自由度の高いカスタマイズ性に優れており、自社が理想とするECサイトを構築できます。また、決済手数料も安く抑えられるため、複数のECサイトや、取引量の多いECサイトを運営する方におすすめです。

ただし。機能性が充実している反面、目的を整理しておかないと、すべての機能を使いこなせない可能性があります。ECサイト運営に関するコストを計算したうえで、Shopify Plusを導入するか検討してみてください。

KOMOJUのブログでは「Shopify」以外にもオンライン決済サービスの導入についてさまざまなトピックをご紹介していますので、ショップ運営の参考にしてください。

この記事はKOMOJUが提供しています。
主要なオンライン決済方法に対応している決済代行サービスです。

関連する記事

Payment methods

All Payment Methods

日本の主要な決済方法を全て提供しています

韓国の主要な決済方法を全て提供しています

中国の3つの主要な決済方法を提供しています

ヨロッパーの主要な決済方法を提供しています